家族

ケイ素が欠かせない理由|人類と密接な関係がある

血液の粘度とサプリメント

サプリ

血液の粘度

DHAは悪玉コレステロール値を下げて、血液の粘度を下げてくれる特徴があります。血液には一定の粘度が必要ですが、通常以上に粘度が高まると血栓ができる元になります。血栓とは、血管に栓ができ血流が止まったり、狭まったりする原因になります。それが脳で出来ると脳卒中、心臓で起こると心筋梗塞と命にかかわってきます。仮に助かったとしても、麻痺などの後遺症が残ることも少なくありません。それを予防するために欠かせないのが、冒頭に述べたDHAです。血液の粘度を減らして血栓ができにくい状態にしてくれます。脳卒中や心筋梗塞などの血管の病気は日本の死因で多くを占めています。少しでも健康的に長生きしたいと考えるならば、DHAで血管の状態を良好にしておくことがとても大切です。

サプリメントを活用

DHAの目標摂取量はEPAと合わせて1日1gを推奨されています。青魚で換算するとおよそ90g摂れば賄うことができます。決して日常的に不可能な量ではありません。しかし、魚嫌いな人や欧米食中心の生活をしている人には、少しハードルが高いです。実際に、現代社会では多くの人がDHA不足に陥っています。そこで足りない分をカバーするために、サプリメントを利用するのが最適です。スピーディーに摂取することができますし、魚を買って食べるよりもコストがかからないメリットもあります。サプリメントの1日分の量は100円に満たないものが多いためです。経済的にも考えて、DHAはサプリメントで摂取するのは理にかなっています。